無敵のサボリーマン・リバ夫がFXで稼ぐそうです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無題
スポンサーサイト
「買いをいとわないと同様、空売りを厭わないこと。トレンドに追従し、儲けることを目的とする。」
「配当目当てで株を買わない」
ウィリアム・デルバート・ギャン

自分が信じることのできる売買手法を構築するにあたってネックとなったのが、スワップポイントです。

売りポジションを持つ場合、マーケットの動きとは関係なく発生してしまうマイナス。

長期にわたってポジションを持つことを前提とする売買手法では、売りを長期保有することは不利に働きます。

とくに主要通貨のなかで豪ドル/円は金利差が大きく、売りポジションを持ちにくい環境です。

FXに参入するにあたり、買いのみでの売買手法も検討しました。

しかし、ギャンの上の2つの言葉をもってその考えを改めました。

トレンドをフォローして売買するというのが先物をトレードしていたころからのスタンスでしたし、ギャンの教えでもあります。

また長期にわたるトレードとなれば、売りポジションを持つ機会と同様に買いポジションを持つ機会もあるはずで、スワップは相殺されるはずです。

現在、トレードは苦戦が続いている上に売りの長期ポジションを保有していますので、日々マーケットの動きとは無関係にマイナスのスワップポイントが発生しています。

売買手法を構築する段階で想定はしていましたが、実際にこういう場面に遭遇すると気持ちの良いものではありません。

しかしながら、ここでルールを破ってしまえば年初から行ってきたトレードが全て無駄になってしまいます。

今のポジションは、トレンドをフォローしながらロスカットとエントリーの「作業」を繰り返し、ストップとリミットを調整しながら積み上げてきたものです。

それは、資金が続く限りにおいては、いままでのロスカット分と手数料を取り返せるポジションなのです。

そう自分に言い聞かせて、今日もトレードを続けます。
無題
年明けから19営業日が経過し、相変わらず成績は思わしくありません。

しかしながら、昨日も書いたようにマーケットから逃げるわけにはいけません。

売り越しとなっている現在のポジションから、原資の100万円に回復しプラスに持っていく2つのシナリオを記載しておきます。

1.マーケットが有利な方向に動き、ポジションが段階的にリミットに達する。その間、短期トレードを継続する。

2.マーケットが不利な方向に動き、ポジションが段階的にストップに達する。その間、短期トレードを継続する。

現在のポジションは、中・長期的なポジションとして保有しており、現在の価格と比べ、リミット・ストップともに価格的に距離があります。

この価格的な距離は、リミット価格に達するかストップ価格に達するかは別にして、日々のマーケットの動きによっていずれ埋められていくものです。

その価格が動くのにかかる時間はマーケットが決めるものですが、この時間をいかに有効に使えるかが、今後のトレードの鍵になると考えています。

たとえ現在のポジションが全てストップにかかったとしても、短期トレードの成果によっては原資を回復し、利益を出せている可能性も十分にあります。

現在の状況を打破すべくルールに従いトレードを続けていきます。
無題

リバ夫が実際のトレードやブログの記事の「参考にした書籍」をご紹介します。



免責事項・注意事項

 本ブログは管理人のトレード記録とトレードに対する考え方などを書き記した個人的なものであり、投資の推奨などを行うものではありません。本ブログで得た情報に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ blogram投票ボタン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。