無敵のサボリーマン・リバ夫がFXで稼ぐそうです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

待ちに待った月曜日!無敵のサボリーマン、リバ夫です。

こんな私ですが、給料は安いですが世間的にはまあまあだと思われている会社に勤務しております。

会社の業績は常に良くも悪くもなく、よく言えば安定しています。

これは非常にありがたい事です。

いろいろと思うところはありますが、安心してサボリーマンを続けられる環境に感謝。

さて、そんな「うちの会社」ですが、「社長の意思決定」が「お抱えの占い師」に大きく影響されているのは、公然の秘密となっています。

特に新製品や新プロジェクトなどのほとんどは、役員の会議を経て最終的には「社長の意思=占い」によって、可否が決まることになっているのです。

このようなことで社長の決裁を得られなかった担当者の憤慨ぶりは、見ていて哀れみを覚えますが、そういう会社なのです。

株主が知ったら、ちょっと不味いかもしれませんね。

「会社」が出来上がってしまっているので、「新しいリターンを得るために新しいリスクを取ること」に関しては「占い」でもなんとかなっているんでしょう。

今後大きく発展するようなこともなければ、急速に衰退することもないと思います。

どうでもいいですが。

会社もこんなだし、サイコロでも転がしてトレードしてやろうかな。

いまの賭け方なら、ひどい事にはならないと思いますし。

スポンサーサイト
おはようございます。

生まれつき小指が短い、リバ夫です。

大人になって人に言われるまでは気づかなかったのですが、生まれつき小指が短く、薬指の第2関節より少し長いくらいまでしかありません。

短指症というらしく、遺伝するものだそうです。

小指が短いので、キーボードを打つときには小指を使いません。

手袋の小指はブカブカだったりしますが、あんまり困ることはありません。

日常生活で困るのは「指きりげんまん」で、つないだ小指が離れやすいことです。

という事で、守れない約束はしないようにしています。


3歳になった娘のお気に入りの遊びなのですが、私の指を親指から順に折りながら、「あるもの」を読み上げます。

「さくらいくん、にの・・・、まちゅじゅん、おおのくん・・・・、さくらいくん?」

嫁さんの影響で娘もファンになってしまった、人気絶頂の「あのグループ」のメンバーを1人1人言っていくのですが、いつも最後の小指が「?」となります。

「あのグループ」のメンバーは5人で、「さくらいくん」は2人いないはずです。

おかしいですね。


「大事なルール」も沢山あると、その1つを忘れてしまったり、都合の悪いときにあえて無視してしまったり、都合のよいルールしか守らなかったりします。


娘の場合は、「無視している」のではないと思います。

きっと何か深い理由があるんでしょう。

「あいばくん」

おはようございます。

原資は絶賛ダイエット中、身体は絶賛メタボ進行中、リバ夫です。

20代までは、腹筋が6つに割れた体脂肪率10%以下の身体を維持していて、私にとって自慢できる数少ない事柄でした。

骨が細いためか、人からは「やせている」と言われていましたが、180センチの身長に対し70kgでしたから体重は標準です。

で、最近の体重も70kg。

ですが、太ももの筋肉が落ち、かわりに上半身、特にお腹周りを贅肉が覆い、アゴにも肉がついてきました。

こうして、私の事を「やせている」という人はいなくなりました。


数字を体型の基準と考える人は多いと思います。

確かに判断基準としての数字には、ある程度の説得力があるように思います。

ただ、外見というのは「全体の印象」であって、見た目と全く関係のない「重さ」を表す体重だけでは判断できません。

スマートで美しい彼女に向かって「君、軽いよね」などと言えば、常識的には別な意味になりますので、とんでもない大惨事が巻き起こることでしょう。

また、身体の各所のサイズがほとんど一緒の人が二人並んでいたとしても、例えば顔の形1つで、2人の「全体の印象」が異なることもあるかもしれません。


グラビアアイドルの体重が、身長に関係なく軒並み40Kg台後半なのはおかしいと思いませんか?

そんなグラビアアイドルのバスト○○センチとか○カップという数字や表記に、あなたの心が躍るのはなぜ?

そして結局、数字に関係なくニヤニヤしながらグラビアを見るのはどうして?


身長とかスリーサイズが書いてあると、想像力がかきたてられるんですよね。


どっかで聞いたり、見たりしたような話だと思いますが、

「1つの数字にとらわれると全体像を見誤る。」

という事を忘れないために書いておきました。

今日の商品:  心躍る!!Sカップ

おはようございます。

ギャンブルはほとんどやった事がない、リバ夫です。

お気づきの方はほとんどいないと思いますが、画面左側にある「リバ夫のリンク」に無料でプレーできるオンラインルーレットゲームのリンクを貼りました。

ルーレットのルールについては、ココをご覧下さい。 Wikipedia

以前の記事でも触れましたが、カジノのルーレットの期待値は常にマイナスなので、いかなる手法を用いようとも勝てないようにできています。

もしも無限に賭け続けられるならば、マーチンゲール法を使うことで限りなく必勝に近づけますが、カジノには賭け金の上限が設定されていますので、現実としてはやはり破綻します。

これを理解した上で、資金と時間とメンタルにあった賭け方を見つけようというのが、リンクを貼った趣旨です。

「常に決まった枚数しか賭けない。」というトレーダーさんには、あまり意味のないものでしょう。

しかし、ナンピンやピラミッディングといった形で、ポジションサイズを時と場合によって変えていく手法を考えたときには、少しばかりでも役に立つのではないかと思います。

具体的には、ナンピンやピラミッディングの戦略です。

試行錯誤すると何かしらのヒントがつかめるかもしれません。

トレードの合間や休日、仕事中など、暇なときにプレーしてみても面白いと思いますよ。

凄腕のギャンブラーの方や、数字に詳しい方にもご覧頂いているので、ボロがでないうちに今日の話はこの辺で。

[おばあちゃんが言っていた。「賭け事はやるもんじゃない」]の続きを読む
おはようございます。

♪おかしらさんちのりばおくん~このごろすこ~しヘンよ。ど~したのかな~?

自称システムトレーダーのリバ夫です。

昨日の妙な記事のタイトルを再度書きます。

「良い事と、悪い事と、どちらでもない事しかないんだぜ」です。

これをマーケットの動きで言えば、上昇、下落、横ばい。

当たり前すぎて、鼻で笑ってしまうようなお話ですが、これしかないわけです。

もっと言えば、上昇と下落は「売り」か「買い」かのポジションによって表裏一体で、あるトレーダーにとっては「良い事」、あるトレーダーにとっては「悪い事」となります。

今までの私は、「どちらでもない事」の「横ばい」の期間と値動きをあえて無視し、上昇あるいは下落のトレンドに賭けるという手法を取ってきました。

これ自体は決して間違ってはいなかったと思っていて、非常に短期間ではあるものの大きな含み益を生んだこともありました。

実際の成果は散々でしたが・・・。

資金管理が甘かったというのも問題のひとつでしたが、最大の問題点は、レンジに入ったときに損切りの嵐に見舞われてしまったことでした。

解決策としてはレンジに入った際に「休む」というのも1つなのですが、「トレンドかレンジか」を判断する有効な手段を、私は知りません。

なので、「レンジ」を無視しようとトレードしていたのですが、簡単に書けば「トレンド発生時に十分に取り返せる」という考えだったわけです。

しかし、これには資金と心がついていきませんでした。

そして試行錯誤の末、「トレンドの発生に賭けるのではなく、現状を一定のレンジと仮定したうえで、買いか売りかのどちらか一方に賭けてレンジ内の動きで利益を積み上げ、いずれやってくるトレンド発生時の「大きな利益もしくは大きな損失」を受け入れる。」という考えにいたり、システムに再度改良を加えました。

大雑把に書くと、

①買いか売りか方針を決めてポジションをとる。

②値動きに応じて、増玉(ナンピン・ピラミッディング)をする。

③レンジ内の動きであれば、少額の利益を得られる。

④大きなトレンドの発生時には、「大きな利益もしくは大きな損失」となる。

というものです。

実はシステム変更後のトレードは絶好調なので、履歴をアップします。

5/24 +150pips
トレード記録1

5/25 +750pips
トレード記録2

5/26 +150pips
トレード記録3

継続してトータルで利益を生むためには、今後必ず発生する「ナンピン失敗」の出現率が肝になります。

そして、そのときの「大きな損失」を、必要経費として受け入れる心の準備が必要です。

相場の動きは読めませんが、目先の利益や損失に目がくらんでルールを破ると、即死することだけは目に見えていますので。


現在お休みしているトレード記録ですが、この新システムの結果次第で再開時期を決めます。

温厚な皆さんから罵声を浴びせられるほど、私にとって「良い結果」となると良いのですが・・・。


リバ夫が実際のトレードやブログの記事の「参考にした書籍」をご紹介します。



免責事項・注意事項

 本ブログは管理人のトレード記録とトレードに対する考え方などを書き記した個人的なものであり、投資の推奨などを行うものではありません。本ブログで得た情報に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ blogram投票ボタン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。