FC2ブログ

売買手法 その78

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

自称自笑システムトレーダーのリバ夫です。

今週もがんばりましょう。

さて、私は普段、2冊の手帳を持ち歩いています。

1冊は本業用で、スケジュールなどを書き込んでいるごく普通の手帳。

もう1冊は相場用で、おなじみの「相場の格言」や、雑観、今はもうほとんど書いていませんがシステムのアイデアなどをメモするためのものです。

相場用の手帳は、いまや半分はブログのネタ帳と化していますが、それなりに役に立っています。

パラパラとめくっていたら、こんな言葉が書いてありました。

「卵を割らなければ、オムレツは作れない」

何かの本に書いてあった言葉をそのまま書き写したのは間違いないのでしょうが、それが何の本だったのか見当がつかないのが非常に残念です。

相場関係の本からの転記ですので、「成功にはリスクがともなうものだ」というような意味で使われていたのだと思います。

昨日に続き、珍しく自分自身のトレードについて書きますが、今の私のトレード状況をこの言葉でいうと、

「卵は割りまくった。さて、これからオムレツを焼きまくるぞ」

と言う風に、当てはめる(こじつけとも言う)事ができました。

ホテルなどでのビュッフェスタイルのブランチ(←このブログ史上、もっともトレンディすぎる言葉か?)などで、大きなボールに大量の溶き卵が用意されていて、好みに応じたオムレツを作ってくれることがありますよね。

私のシステムが今日まで損切りを重ねてきたのは、卵を割って溶いておくという下準備だったということが、お分かりいただけると思います。

1月からのこの3ヶ月あまり、ひたすら卵を割り続けてきました。

そろそろ、1つくらいオムレツを作りたい思うわけですが、お客様が来ないうちからオムレツを作っても、意味がないわけで・・・

とりあえず、割った卵が腐ったり、卵が足りなくならないうちに、オムレツ作りに取り掛かれるような環境にならないものかと待ちながら、卵を割り続けている次第です。

先日も書きましたが、私の手法は「皮を切らせて肉を切り、肉を切らせて骨を断ち、骨を断たせて命を絶つ」システムです。

マーケットの大きな動きを期待して、損切りを徹底しながらトレンドをフォローしていく手法なので、目先の小さな動きだと、どうしても損切りが先行し、順調に資金が減少しいきます。

ただし、年に数回しかないような大きな動きが出てきたときには、一夜にして今までのドローダウンを解消した上で原資を回復し、大きな利益を生む手法でもあることを宣言しておきましょう。

と言いながら、爆死の危険性も常にあるわけですから、そうなったとしても、「わが生涯にあんまり悔いなし!」といえるように、システムのルールだけは厳守しているというわけです。

リバ夫が実際のトレードやブログの記事の「参考にした書籍」をご紹介します。



免責事項・注意事項

 本ブログは管理人のトレード記録とトレードに対する考え方などを書き記した個人的なものであり、投資の推奨などを行うものではありません。本ブログで得た情報に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ blogram投票ボタン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。