FC2ブログ

売買手法 その93

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしょうか?

カレンダー通りのお休みのサラリーマンの休みは、あと100時間を切っています。

サザエさん症候群全開の自称システムトレーダー、リバ夫です。

7歳の息子が夢中なのですが、タカラトミーの「ベイブレード」と言うおもちゃをご存知でしょうか。

ベーゴマの現代版と言えば分かりやすいと思います。

漫画やアニメとタイアップしている事もあって、小学生を中心に大ブームとなっており、常に品薄状態で、商品の入荷日には玩具売場には行列ができ、モノによってはネットで倍以上の値段で転売されています。

現在販売されているものは、1体のコマが5種類のパーツから構成されていて、パーツを組み替えることによって、コマ同士の戦いに重要な要素となる「攻撃力」「防御力」「持久力」に変化を加える事ができます。

パーツを沢山持っていればいるほど楽しみや自由度が広がり、それが購買意欲を刺激することもあって、子供と一緒にはまっている親御さんも多いようです。

かくいう私もその1人で、息子と一緒に新製品の発売日に量販店の行列に加わり、最強のパーツの組み合わせを探求し、友人と対戦する息子の戦績が気になったりしています。

父子は大いに楽しんでいますが、結構な金額をつぎ込んでいる事もあり、嫁さんの目はかなり冷たいです。

この「ベイブレード」ですが、2001年から2004年の間にもブームがあったようです。

品薄状態となった「ベイブレード」はタカラ(当時)が2001年に過去最高益を出すほどの大ブレイクをしたようですが、ブームの終焉とともに大量の在庫を投売りする状態になり、2004年には業績も大幅に悪化してしまったようです。

今回も大変なブームとなっていますが、タカラトミーとすれば、ブームが下火になったときに大量の在庫を抱えないように注意をしたいところでしょう。

人気商品は相変わらず品薄状態が続いていますが、「ベイブレード」の中でも不人気な商品は常に店頭に並んでいます。

子供には理解できない大人の話ですが、これもタカラトミーの出口戦略なのでしょうね。

さて、ここからは少しだけ真面目な話です。

「誰もが知っておくべき最も重要な事は、いつ手を引くかである。財産を成した後は、これで十分だという時期を心得て、相場から手を引き、得たものを維持すべき時期を知らなくてはならない。」
ウィリアム・デルバート・ギャン

このギャンの言葉に従えば、今現在の勝っていたとしても「何か」を得たわけではありません。

伝説的相場師のジェシー・ローリストーン・リバモアは

「自分の人生は失敗だった。」

と書き残し、拳銃で自殺しました。

トレードにおいての成功とは金を得ることに他なりませんが、トレードや金だけが人生ではないですし、大金を手に入れたと言っても、それをもって人生の成功者とは言い切れないでしょう。

何をもって「十分に満たされた」と思うかは、個人の価値観ですので一概には言えませんが、

リバモアのような最後は嫌ですし、

ヒデブ

といった断末魔の叫びももってのほかです。

やはり、拳を天に突き上げて、

ラオウ

「わが生涯にあんまり悔いなし!」

と、言えるように「死ぬまで生きてやる!!」と思っています。


リバ夫が実際のトレードやブログの記事の「参考にした書籍」をご紹介します。



免責事項・注意事項

 本ブログは管理人のトレード記録とトレードに対する考え方などを書き記した個人的なものであり、投資の推奨などを行うものではありません。本ブログで得た情報に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ blogram投票ボタン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。