売買手法 その95

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

連休中はブログ更新の時間がありませんでした。

家族とともに遊びまくってましたので、仕方ありませんね。

自称システムトレーダーのリバ夫です。

こうして家族とともに連休を過す事ができたのも、2002年に一念発起して転職したことで人並みに休みが取れるようになったからであって、そういう意味では今の会社に感謝したいと思っています。

まあ、世間一般の当たり前の生活を手にしただけなんですがね。

転職前の会社はいわゆるブラックな会社でした。

営業マンは会社の使い捨てのコマであって、景気の良し悪しにかかわらず大量の新入社員が甘い言葉に誘われて入社するも、やっている仕事は個人顧客を食い物にするようなものであり、希望に燃えて入社した社員も精魂尽き果て1年と持たずにその大半が退職していく・・・

そんな中、私自身は会社に洗脳され、基本給+歩合という給与体系もあって、まさに「モーレツ社員」でした。

年数が経つにつれ、頬はこけ、眉間には深いしわが刻まれ、目つきは悪くなりましたが、20代にして年収1000万を上回りました。

しかし、結婚し子供が生まれるというところにきて、本心にあった自分のやっている仕事への疑問が頭をもたげたのです。

数字が少し悪いだけで、「結婚できるのか?」とか「新婚旅行に行けるのか?」とか「親になれるのか?」とか言われれば、誰しもそう思うのではないでしょうか?

休みなく馬車馬のように新規開拓に走り、部下を叱咤し、上司から人格否定される毎日です。

そんな20代の「金はあっても使う暇の無い生活」のおかげで、かけがえのない家族と狭いながらもマイホームを手にすることができましたし、給料は当時の半分にも届きませんが安定した職もあります。

が、それでも何かを手に入れたという実感はありません。

人間とは欲深いもので、金も時間もより多くの自由を手にしたい思うものなのだと思います。

その欲望に対して、現状で満足するか、不平不満を言ってストレスを解消するか、更なる自由を求めて行動するか、人によって異なると思いますし正解はないのでしょう。

私自身は、自分が納得するまで行動したいと思っています。

「人生が与えてくれるものは、自分が人生に与えたものに他ならない。自分が種を蒔いたものだけを刈りとるのだ。知識を得るために時間と金を費やし、知るべき全てのことを知り尽くしたなどと驕らず、向学心を絶えず持つこと。そのような人こそが投機と投資で成功を手にするのだ。ウォール街で株や商品の取引をして過ごした45年間で知り得た真実を語り、あなたの弱点を知らしめることで、破滅しないですむようにしているのだ。投機を儲かる職業とするのは可能だ。ルールに従い、予期せぬことが起きることも考慮し、その準備を怠らなければウォール街に勝つことができる。」
ウィリアム・デルバート・ギャン


リバ夫が実際のトレードやブログの記事の「参考にした書籍」をご紹介します。



免責事項・注意事項

 本ブログは管理人のトレード記録とトレードに対する考え方などを書き記した個人的なものであり、投資の推奨などを行うものではありません。本ブログで得た情報に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ blogram投票ボタン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。