敵を知り己を知れば、勝てるかもね

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おはようございます。

ワールドカップのせいではありませんが、今週も仕事が手につかない、リバ夫です。

明日の日本代表の相手はオランダ。

どんな戦いを見せてくれるのか、期待しましょう。

オランダと言えば、かつての名選手、カリスマ、フライング・ダッチマンことヨハン・クライフ氏が、次のようなことを言っていました。

「オランダの特徴は攻撃。その攻撃を活かす戦術が必要だ。攻撃の選手が守備で体力を使いすぎないことだ。」

「攻撃の選手は守備をしなくても良い。」というのがクライフ氏の考え。

一方、我らが日本代表の目指すサッカーはといえば、前線の選手も積極的に守備をするというもの。

「どちらが戦術として優れているか?」

ということではなく、選手個々の能力やメンタリティ、各国の国民性までが代表チームの戦術に反映しているのも、ワールドカップという世界大会の見所と言えるような気がします。

ゲームで勝つという目的は同じでも、各チームの戦力や方針によって180度違う戦術が存在するわけですね。


このことはトレードにおいても同じだと考えています。

資金の状況や、使える時間、トレーダーのメンタリティに応じてとるべき戦術が変わってくるのは当然だと思うからです。

この事は何度か自分への確認の意味でブログでも書いてきましたし、私自身も自分の置かれた状況と戦術が合わなくなってきたことから、年初より使ってきたシステムを放棄し、新システムを導入して今にいたっています。

売買手法その13良い事と、悪い事と、どちらでもない事しかないんだぜ

相場がどう動くかを完璧に予測ができるのなら、戦術などどうでも良いのかもしれません。

そうではないからこそ、一定のルールのもとトレードをする必要があるのでしょう。


サッカーの話に戻れば、個人の力が飛びぬけているなら、戦術はさほど重要ではありません。

また、クライフ氏が言うように、能力の高い選手を活かす戦術も選択肢として有効でしょう。

しかし残念ながら、現在の日本代表にはそうした選手はいませんし、次に対戦するオランダの選手との能力差は歴然としています。

現実的な戦い方としては、弱い個人の力を補う戦術をとる必要があるのだと思います。

どんな形であれ、日本がオランダに勝つようなことがあれば、世界を驚かすには十分でしょう。

いいゲームをして欲しいと思います。


コメント

最後までお付き合いいただき、有難うございます。
リンクフリー・コメントも大歓迎です。
ご意見・ご感想はじっくり拝見させていただきます。
ただし、いただいたコメント全てに丁寧なお返事をする自信がないため
気が向いた時にしか本ブログのコメント欄への返信はしない方針です。
返信がない場合、気が向かなかったものとあきらめて下さい。
こんな具合ですから、素通りされても全く気にしませんので、ごゆっくりどうぞ。
逆に、「リバ夫とゆっくり話しがしたい」という物好きな暇人の方は
本ブログ左下のメールフォームより、直接メールを下さいますようお願いいたします。
私の「自由のための戦い」を生温かく見守って頂ければ幸いです。


人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ blogram投票ボタン


この記事へのコメント
おはようございます。

アルゼンチン強いですねぇ(^^;)
メッシはやはり格が違いますね!!
明日はついにオランダ戦!!
日本もスイスを見習ってがんばって欲しいものです!!
今日もがんばっていきましょう(^^)v4
2010/06/18(金) 07:16 | URL | BBJ #-[ 編集]
こんばんは。
韓国のような戦い方でもアルゼンチンには通用しませんでしたね。
日本もオランダを0に抑えるというのは、難しいかもしれないですね。
2010/06/18(金) 20:29 | URL | リバ夫 #-[ 編集]
オランダ戦ですね!

ほぼあきらめていますが、どこまで食い下がってくれるか期待してます!
2010/06/19(土) 11:48 | URL | 株で大損こいたママ #-[ 編集]
株ママさん
まあ、あんなもんでしょう。
一歩間違ったらという表現もなんですが、勝てたかもしれないぐらいのゲームだった事を考えれば、かなりの健闘でしたね。
2010/06/21(月) 12:55 | URL | リバ夫 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://headandtail.blog69.fc2.com/tb.php/282-083f9962
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック

リバ夫が実際のトレードやブログの記事の「参考にした書籍」をご紹介します。



免責事項・注意事項

 本ブログは管理人のトレード記録とトレードに対する考え方などを書き記した個人的なものであり、投資の推奨などを行うものではありません。本ブログで得た情報に基づいて被った損害については一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

人気ブログランキングへ FC2ブログランキングへ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ blogram投票ボタン



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。